The 9th Biennial Scientific Meeting of APPESで安田祐希先生と東範彦先生が発表しました


H28/11/18 に東京国際フォーラムで開催されたAPPESにて安田祐希先生と東範彦先生が発表しました。

安田祐希先生は、"Lower adiponectin, higher ALT level, lower AST/ALT ratio, and higher VAT value may suggest a risk for the onset of type2 diabetes in obese children" を、東範彦先生は、" Impact of change in leptin/adiponectin ratio and MDA-LDL in childfood obesity associated with eosinophilic inflammation of airway and whole body"を発表しました。

杉原先生や大谷先生、松岡先生等、多くの医局の先生に御指導頂きました。

杉原先生は"Obesity:Increasing risk of morbidity in children and adolescents"のシンポジウムの座長を務められました。


アーカイブ
タグ
まだタグはありません。