先輩医局員の声

中村先生 (平成29年入局) 

こんにちは !!
入局一年目の中村です。
医学部卒業後は、二年間当院にて初期研修を行いましたが、初期研修医としてローテーションした際にとても暖かくアットホームな雰囲気の中でご指導頂き、当科への入局を決めました。プライマリーな疾患から大学病院ならではの専門的な疾患まで幅広く経験でき、各専門医の先生方から直接手厚いご指導をして頂ける、とても恵まれた環境です。病棟は2チームに分かれて管理していますが、業務に行き詰まっていると違うチームの先生方でも必ず声をかけてくださって、一つ一つ丁寧に教えて下さいます。処置から外来業務まで様々なことに参加させて頂き、当直中でも寝る間を惜しんでご指導して頂いております。先生方には忙しい中で、とても大切にして頂いていると感じます。

コメディカルの方々も皆さん暖かく、分からない事ばかりでご迷惑をお掛けしているかと思いますが、楽しく仕事をさせて頂いております。

​楽しみながら一緒に働きましょう!

馬渕先生 (平成27年入局) 

こどもが大好きで、東医療センター小児科に入局させていただいて一年が経ちました。同期がいない中、一人での入局は初めはとても不安でしたが、いざ始まってみると様々な先生方のご指導を一身に受けることができ、かえってラッキーだったと感じています。
症例は市中病院のようなcommonから、大学病院としての専門的な疾患まで分野で偏ることなく幅広く経験させて頂きました。この一年で小児科専門医に必要な症例の多くを揃えられたと思います。また、一年目の夏にして富士での糖尿病キャンプやフィリピンでの医療ボランティアに参加させていただき、通常の病棟診療では得られない経験もすることができました。
入局一年目はいわゆる外勤がないということでお給料面での心配もありましたが、夏前から月に2回程度保健所での乳児健診に行かせていただいたので、それほど苦しいことはありませんでした。また、優しい先輩方がよく食べさせてくれています(笑)その乳児健診も必ず医局の上級医と並列で行うので、難しい症例は相談することができて安心です。
当直回数は少なくはありませんが、当直明けは昼までで勤務終了などメリハリがついているのでしっかりと休養することもできます。夏休み、冬休みもきちんと確保されています。

東医療センター全体の雰囲気もあるかと思いますが、大ベテランの指導医や他科への相談もしやすく、とても働きやすい環境です。小児科に興味のある方、こどもが好きな方は是非一度見学にいらしてください。一緒に東医療センター小児科を盛り上げていきましょう!

小谷先生 (平成25年入局)

入局して4年が経過しましたが、本当に入局して良かったと思います。 優しい先輩の指導のもと、厳しくも楽しい日々を過ごしています。 平成28年9月に専門医試験があるのですが、症例は充分に持たせて頂き、専門医取得の症例には全く困りません。 全国学会での発表もすでに3回(日本小児科学会、日本小児感染症学会、日本小児アレルギー学会)させて頂きました。 日々臨床医として力が付いてくることが実感できる日々です。 NICUでの研修は入局3年目の4月から9月まで行い、4年目に当たる昨年は外病院へ1年間出張し、勉強しました。 今年から大学に帰って働かせて頂きます。みなさん、是非仲間になって一緒に働きましょう!

高橋先生 (平成24年入局)

平成27年12月に、無事専門医を取得しました。 私は入局して1年目は大学病院での勤務、2年目の最初半年はNICUで研修、3年目は松戸市立病院へ出向し、4年目で大学病院に戻ってきました。 新松戸中央病院への出向中は週に1日の研究日を利用して国立感染症研究センターへ勉強に行かせて頂きました。 現在は、感染症を専門としており、院内感染対策委員会に加わり感染症の勉強に励んでいます。 学会発表も多数させて頂いています。 全国で発表させて頂いており、学会での勉強と同時に、その土地で医局の仲間と美味しいご飯を食べることや、空いた時間を見つけて観光することが密かな楽しみになっています。 女子医大ということで男の自分が上手く適応できるのかと心配でしたが、男性の医局員も増加傾向で、全く問題なく過ごしています。 医局の雰囲気はとっても良いですよ。 自由になる時間も比較的多いので、プライベートも充実しています。 今後は感染症の勉強は勿論のこと、論文執筆や学位取得を目標として頑張っていきます。是非一緒に働きましょう!待ってます!!

本間先生 (講師)

The best interest of the child!

子どもは、精神的、身体的に未成熟であり、社会的には無力な存在です。それゆえに、子どもたちは,無条件に大切にされるべき存在です。子どもたちの権利の代弁者(アドヴォケート)として、子どもの健康のために最善の医療を提供する小児科医の仕事には,希望とやりがいがあります。

東京女子医大東医療センターは、昭和43年の開局以来、地域の小児医療の中核を担ってきた伝統と実績があります。様々な病気や、病気以外の問題で困っている患者さんが来院するため、豊かな臨床経験を積むことができます。研修医には特に懇切丁寧に指導する医局です。また女性医師が多いのも特色であり、とても暖かい雰囲気があります。医療を通じて、臨床のスキルを磨くことができる場所であり、自分自身が成長できる場所であることは間違いないです。子どもの健康を守るために力を尽したいと思う人は是非いっしょにやりましょう。

見学の日程や質問に関しては

​  小児科教授秘書 中嶋 

  kyojuhisyopedeast.ao@twmu.ac.jp

  に連絡下さい!